2007年03月02日

ウメボシの意味


ローカル線の車内。学校帰りの高校生が数人ドアの横に立って話している。胃がんには新鮮なヒラメの胃袋が良く効くらしい。でも本当に新鮮じゃないと効果が無いので、活きたヒラメを病人のところまで持っていって、その場で〆たらすぐに胃袋を取り出して飲まなければならないと化学の教師が言っていた。すると、席に座っていた教師が言った。「ウメボシ」の「ウメ」は「隣の」という意味だから、つまり「隣の星」なのだから、これが良く効くのだ。「ウメボシ」ってそういう意味だったのか。
posted by JM at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年02月25日

地球の外


もうひとりの自分が地球の外に出て一回りして帰ってきた。もうひとりの自分が地球の外はいつもいい天気で雨が降らないから快適だと言う。でも空気がないから呼吸ができないだろうと言うと、空気がないから呼吸する必要がない、その分逆に疲れないと反論され、なるほどねえ、そういうことならオレも行ってみたいもんだと思った。
posted by JM at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年02月21日

体育館の風呂


2007年2月20日-1
2007年2月20日-2
広い体育館の中、床にラグがたくさん並べられていて、中年の男が何人かそれを見ている。ほとんどのラグには文字のようなものが書き込まれており、ぼくは何も書き込まれていないラグを探すのだが、あったと思うとひどく汚れていたり、床にくっついていて持ち上げられなかったりで、なかなか見つからない。あきらめて出口に向かう。出口の付近には天井まである背の高い衝立がいくつもセットしてある。衝立の背後には今日のイベントに出演するロックバンドのメンバーが一人ずつスタンバイしていた。出口の横の浴室の入口にKマちゃんが立っていた。Kマちゃんは縞のデカパンに両手を突っ込んで、「李さん一家」の登場人物みたいな顔でニコニコしていた。浴室の入り口の階段にさっきのロックバンドのメンバーがグルーピーの女の子を侍らせて座っていた。浴室の中をのぞくと、左側に並んだ枡状の湯船に男と女が隙間のないくらい大勢浸かってAVの撮影をしていた。右側の壁にはトイレのみたいなドアが並んで親子連れが出入りしていた。一番手前の湯船に空きができたので入れと誰かに言われたが、中年の男がふたり入っていてニタニタ笑うので、風呂に入るのはやめて体育館に戻った。
posted by JM at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年02月13日

ビルから飛び降りた人(2月9日の夢)

ビルから落ちる人ビルの5階の路地側の席で窓の外を見ていた。そこは細い路地を挟んで建坪の小さいビルが立ち並んでいる新宿歌舞伎町のような場所で、向かい側のビルの屋上が見えた。すると、ビルの屋上に男が3人現れた。路地を越えてこちら側のビルに飛び移ろうとしているような感じだ。そして、一人がビルの縁に建ったかと思うと、そのままストンと落ちた。ビックリして下に降りて路地に出てみたが、飛び降りた男の死体もなにもなかった。上を見ると、縄梯子のようなものがぶら下がっていて、どうやら飛び降り男はそれに摑まって無事ビルの中に入ったようだ。集まってきていた近所の人の話で、それが出初式の練習だったことがわかりほっとした。
posted by JM at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年02月02日

『イージー・ライダー』擁護論


20歳年下のタナカという同級生が、諸悪の根源は『イージー・ライダー』にあり、などと言うので、そんなことはない、『イージー・ライダー』そのものは全く正しいのであれけれど、それを正当に評価して継承するものがいなかっただけなのである、と『イージー・ライダー』擁護論で反駁したら、ひどく疲れたので弁当を買いに行くことにした。吉祥寺のロンロンみたいに狭くて長いショッピング・モールを抜けて外に出ると、視界が開けて長い階段の先に川沿いに建つスーパーのビルが見えた。タナカ君はすたすたと階段を降りていった。
続きを読む
posted by JM at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年01月31日

最近見た夢


その1
アーセナルのアンリとボーリング場のレーンをスケートのように滑って遊んだ。

その2
ウッディ・アレンみたいな中年男性と、Kマちゃんの1番目の奥さんみたいな女性のカップルと一緒にタクシーに乗る。車が走り始めると、運転手が振り向いて喋り始めた。「こんな雨の日は大ウナギが獲れるんだよね」。運転手は前を向こうともせず、後部座席の僕らの方を向いて喋りつづけるので、危ないから前を向いて運転してくれと頼むが、まったく言うことを聞かない。そのうち前方のセンターライン上を大きなウナギが走っているのが見えたが、運転手は相変わらず後を向いて喋っている。すると、タクシーがウナギにぶつかって、その大きなウナギが車のボンネットに乗っかった。大ウナギはシーラカンスみたいだった。いつまでたっても運転手が前を向かないので、ぼくが腕と足を伸ばして運転した。足が伸びっぱなしでつりそうだ...。
posted by JM at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年01月19日

下北沢アート祭

下北沢でアート祭をやっているというの行ってみた。住宅街の古い民家に入ると、良く知ってるけど誰だかわからない女の子が玄関に座っていて、自分がこの会場のコーディネートをやったと自慢げに喋り、会場を案内するといって中に入っていったので後を着いていくと、暗い部屋に木のベンチがあり、これは多分ビックリハウスのようなものかと思って座ると、ベンチが急に動き出し、暗い穴に突っ込んでいった。視界が開けると、デパートのキッチン用品売り場のような広くて明るい部屋の中を、ジェットコースターみたいに猛スピードで移動するのですごく怖かった。
気が付くと、最上階の畳の部屋にいた。押入れに布団が入っていた。下に降りようと思って障子を開けると1mくらい下に廊下があった。スロープを降りるときに壁を見ると階段を外した後があって、うな陣の大旦那がなにか作業をしていたので声をかけると、ああ、いつも****の人だねと答えた。
街にでると大雪だった。神輿や山車が出てにぎやかだった。
posted by JM at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年01月15日

中村のハンド

中村倒れる
サッカーの日本代表がニュージーランドのオールブラックスと対戦。日本代表はセルティックの中村を中心にオールブラックスのゴールに攻め込む。オールブラックスが、11人全員ゴールエリア内に集まって守りを固めているところへ日本チームのシュートが転がっていくと、ひとりが腹ばいになってボールをとめた。すると他の選手全員がわっと集まって次々に重なり、ゴール前に黒い山ができた。レフェリーが笛を吹くと、一番下の選手がボールを腕で抱えていたがゴールエリア内なのでそのままプレー続行となる。すると今度は日本代表の中村がペナルティエリアのラインの上で、両手をあげたままうつ伏せにパタッと倒れた。すると、これはどうなのよということになった。左手がボールに触れているのだ。上半身がペナルティエリア内なので問題ないのではないかと思った。
posted by JM at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2007年01月03日

初夢・・・

家の近所の古いショットバーに入った。店内はログハウス風のインテリアが大分煤けた感じで薄暗い。何を飲むか迷った末に、スコッチのストレート(シングル)とチェイサーに黒ビールを頼む。中央のテーブルにつくと、サラリーマン風のオヤジが向かいの席に座った。サラリーマンが店のルールやなんかをだらだらと説明するのを、ボーっと聞いているうちに店内が混み合ってきた。入り口近くのテーブルに座った近所の商店主の携帯電話が鳴ったので、店内の客全員が注目。奥さんからのお叱りの電話のようで、商店主はため息をついて店を出て行った。ふと壁の時計を見ると午後2時半だった。なんだ、さっき昼飯食ったばかりじゃん、と思い僕も店を出た。白い道路を歩いて家の玄関を入ろうと思ったら、そこは地下鉄の入り口だった。そこで、顔見知りのひょろ長いサラリーマンに声をかけられた。あなた、確かアサガヤに通ってるよね、だったら教えて欲しいんだけど...。(ここで目が覚めた)
posted by JM at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記

2006年12月28日

二本立て

20061228その1:沖縄の、多分那覇の市場の裏庭。ビアガーデンのようにテーブルが整然と並んでいる。そのテーブルの上でSトケンが踊っている。ズボンを脱ぐと、星条旗みたいな派手なパンツを穿いていた。アメ横みたいな感じの市場に戻り、4畳半くらいの畳の部屋でごろごろしながらもう一泊していこうかなと考えてる。

その2:京急品川駅のホームみたいなところで、FCバルセロナのロナウジーニョ選手をなんと呼んだらいいのか悩む。
ロジー?ロビー?ロ、ロ、ロ、ロ・・・・・・。
posted by JM at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今朝の夢日記